事務所移転するときの注意点を解説

事業の拡大や、什器備品が増えたこと等により事務所移転をお考えの企業はありませんか。まず事務所を移転する前に、いくつかの重要なポイントをご紹介します。まず初めに、現在入居している事務所の賃貸・解約条件・方法を知ることです。解約してしまってから追加料金を請求されたりしないように確認しましょう。次に、移転先の事務所です。せっかく新しい場所に事務所を移すのであれば、立地条件の良い所を選びましょう。公共機関や金融機関などが近くにあるか、またビルの管理会社を含め空調設備や土日祝祭日などの使用条件なども確認することです。事務所の広さや室内のデザインも含め什器備品の選定などもすることです。もちろん新しい事務所の賃貸契約の条件も細心の注意が必要ですので、内容をしっかり確認しましょう。

事務所移転の際に注意するべきポイント

事務所移転をお考えの企業も多いのではないでしょうか。その際に注意すべきポイントをご紹介します。現在の事務所の賃貸契約がどのようになっているのか、移転準備の前に必ず確認しましょう。契約違反や退室後の現状回復費用が高くかかる場合などあります。また、敷金や委託金返却機関なども定められていると思いますので確認しましょう。また、原状回復する場合、大家さんの指定業者があるのかもきちんと把握しておくことです。指定業者がない場合は見星をつけておきましょう。次に移転先の注意事項です。管理会社も様々ですから評判のいい会社が入っているオフィスビルなどを選ぶと、トラブルが起きたときなどにも安心できます。また、役所や公共機関などが近くにある立地条件も参考にし、快適なオフィスに移転しましょう。

事務所移転をお考えの企業に注意すべきポイントを紹介します

社員の増員や什器備品などの購入によりオフィスが狭くなるなどで、事務所移転をお考えの企業もあるのではないでしょうか。直ぐに移転という訳にはいきません。まず、現在のオフィスの賃貸契約条件をもう一度確認しましょう。契約期間や現状回復の条件や敷金など含めてどのようになっているのか、退室後にトラブルにならないよう確認しましょう。次に移転先のオフィスの選定です。立地・ビル・賃貸などしっかり確認しましょう。せっかくの移転ですから役所や公共機関、公共交通機関などが近くにある場所や、管理会社も様々ですから評判の良い会社が入っているオフィスビルを選ぶと、後々トラブルになった時も安心できます。空調などの設備や土日祝祭日の使用などもきちんと確認しましょう。また、オフィスビルですと様々な企業が入っていますので、共同スペースなども確認することです。